ヒッキーで妄想癖が強い僕の日々の日記

日記的な意味もない、しがない俺の所有するブログ

FC2ブログで禁止ワードでが採用されたようでビックリ!

2チャンネルで噂は聞いていたが、「ロリ」とかの危ない用語を使うと投稿できないらしい。自分みたいなアダカテだけかな?一般カテもそうなのかな?よく分からんが、いくつかの禁止ワードがあって投稿時に禁止ワードがあるので投稿できませんとなった。これってすごく親切で助かる。昔は有無も言わさず「凍結」だったから、こういうシステムなら助かるんだけどね。

しかしさ、何か変な世界だ。拘束とかロリとか女子高生とか普通に使うでしょ。狭い世の中になってきたものだ。というか、FC2の場合いろいろ叩かれているから必要以上に厳しくなったんだろうね。

お隣の国では慰安婦という言葉を声を大にして叫んでいるが、これは禁止ワードで無いのかな?こっちの方が人を辱めたような言葉に聞こえてしまう。たぶんそれが理由で日本の学校教育でもあまり触れないんだと思うけどね。教科書で教えたら、子供心としては「慰安婦ごっこ」とかくだらぬ遊びが蔓延しそうだ。しかしこの問題は俺の日本人感覚で話しているだけであって、世界の文化は色々だ。慰安婦像とか恥の象徴みたいに思えるけど、それは日本人の感覚にすぎないことか・・。

おおっと話は逸れてしまった。禁止ワードのことだった。でもFC2ブログからそのアダ関係を抜き去ったら何が残る?他のブログに対する優位性は失われてしまう。そもそもアダブログ記事とか別に関係なくない?一番問題となっているのはアダルト動画、そしてエッチなライブチャットだろ。ブログよりもそっちを厳しく取り締まるべきじゃないかな。

前日の晩ごろに起こった凍結事件。前兆があったので来るとは思っていたけど、まさか晩に起こるなんてビックリ。通常だと午前中なんですよね。私のブログは10時過ぎに凍結。まあ事前の心の準備が有ったので焦りはしなかったです。
他のお気に入りの人のブログを見ても凄い凍結の嵐。こんな規模の凍結をやるなんて・・・。なんというか、FC2ブログ自体がなくなってしまうんじゃないかと思いました。テレビニュースでも悪い話ばかりであり、さらにこんな大規模凍結となれば、何かが起こりそうな気がしないでもない。きっと引越しの準備を始めた人も多かったでしょうね。私もそうです。
とろが次の日になって、凍結は間違いでしたのお詫びの広告が・・・。
間違いでしたか、確かに規模が大きすぎた。まあ、とりあえず良かったです。ブログをキレイに削除したうえで転居できますからね。別に助かって良かったなんて思っている人は、もうごくわずかかも(謎
誰しもが予想をしていた展開でしたので、きちんとバックアップも取って準備はしていたことでしょう。これを機にそのまま離れていく人も多数かも。

ところでその凍結事件。あれもしかしたらワザとかも? いきなり凍結ってみんな困るでしょう。だから凍結対象寸前のブログだけを狙ったとか・・。今回凍結を受けた人は必ず引越し準備するはず。それを促したのかなとか考えたりもします。どんなものでしょうかね。