ヒッキーで妄想癖が強い僕の日々の日記

日記的な意味もない、しがない俺の所有するブログ

ラインしていないと仲間外れという不安感。

ヤフーチャットってやっぱり良かったなあ。代わりになるチャットサービスを探してはみたけど、「チャベリ」くらいなものだ。でもあれは何か簡易すぎる。世間一般に人気が高いのはニコ生とかFC2とかスティッカムというやつか。でもあれは音楽主体だったり、カメラ通してのライブチャットだったりでちょっと違う。それはそれで面白いんだけどさ、やっぱ普通に文字だけでのんびり出来るヤフーチャットが一番良かったと思うんだよね。

とはいえ、不人気になってきて結局なくなってしまった。不人気の理由って考えてみると、単に時代の流れだろう。ネットが普及しだした頃、15年くらい前はネットで遠くの人と話せる、たくさんの出会いがあるということでチャットは流行ったものだ。あのとき俺は感動を覚えた。

しかし時代が進むにつれて、ネットは怪しい世界となってしまい。ネットで他人に逢えば、まずは疑ってかかれ、みたいになってしまったんだよね。実際悪いことする人も居るだろうが、個人的な悪いヤツというより、業者的な悪さが目立って嫌気が差した。

そんなわけで今の主流はラインとかフェイスブック。でもあれって元からのお友達を前提にしたものであって、新たな出会いには繋がらない。単なる仲間内の囲いだよな。まあ安心できる狭い世界ということだ。

しかしその仲間内に入っていないと自分だけ疎外感があり、「仲間外れ」になってしまうという妙な脅迫感すら感じられる。学生のライン普及率は驚嘆に値する。みんな不安で寂しいんだな。